コースイメージ

【京電】日本で初めて電車が走った!廃線ウォッチャーと京電木屋町線を追う

~煉瓦の橋脚、謎のカーブ、取り残された架線柱…古地図を使って電車道を探せ~

ガイド:中村 浩史さん

¥500

日本で初めて電車が走った街はどこか、
ご存知でしょうか?
実は、この京都なんです。

昭和53年に京都市電は廃止されましたが、
今も目を凝らせば、街の至るところに
その跡が輝いています。

初めて電車が走った通り。
道端に謎の石。
道幅が太くなったり、
細くなったり、なぜでしょう?

高倉跨線橋、通称「たかばし」。
謎のカーブの理由は?
今もひそかに残る、煉瓦の橋台。

京都のまちなかを縫うように走った、
日本初のチンチン電車。
古地図を駆使して、
京都電気鉄道を追いかけましょう!

ガイド

ガイドの写真
中村 浩史さん

廃線ウォッチャー。父親譲りの鉄道ファンで、実家の前を走っていた京都市電の音を子守唄に育つ。父の撮った古い鉄道写真をこつこつ整理しながら、暇を見つけては京都市電の廃線跡を歩き始め、これらをまとめたWebサイトを立ち上げた。環境プランナーでもあり、音楽と古き良き時代を愛するトライアスリートでもある、まさに「鉄」人。著書に『京都市電の廃線跡を探る』。

コース詳細

所要時間 約90分
距離 約2.6km
スタート地点 JR「京都」烏丸中央口
コースルート 1. 京都駅前 → 2.「日本電気鉄道発祥の地」記念碑 → 3. 七条停車場跡 → 4. 高倉跨線橋 → 5. 京電木屋町線 起点 → 6. 東洞院七条 → 7. 七条間之町 → 8. 内浜跡 → 9. 間之町上珠数屋町 → 10. 上珠数屋町河原町 → 11. 新寺町通 → 12. 高瀬川鉄橋跡
topへ